銀座の医療脱毛クリニックならここに決まり

美容皮膚科のニキビ治療について

多くの方が悩まされる皮膚疾患として、ニキビがあります。

このニキビの根本的な原因は、肌の角質が厚くなることで皮脂が毛穴に詰まりやすくなるからです。その結果、肌に炎症が起きることでニキビが生じます。人間の肌は、肌内部で作られた新しい肌細胞が上がってきます。すると、古い肌細胞は自然と剥がれ落ちるというサイクルが繰り返されます。それによって、常に肌は健やかな状態を保っているのです。しかし、肌の新陳代謝が上手くいかないと、肌表面に古い角質が溜まりやすくなります。

それで、ニキビの原因になってしまうのです。美容皮膚科では、ニキビ治療としてケミカルピーリングを行なっています。この美容皮膚科で行なわれるケミカルピーリングとは、皮膚にグリコール酸という薬品を塗る治療法です。この治療を行うことで、肌表面の角質のターンオーバーを正常にして、肌の代謝を促進することができます。なので、皮脂が毛穴に詰まることがなく、健全な状態に保つことができます。

美容皮膚科のケミカルピーリングというと、痛いというイメージを持つ方は多いです。しかし、施術に際して痛みはなく、術後に皮が剥けしたりすることもないです。美容皮膚科で施術を受けた多くの方は、肌の調子がよくなったと効果を実感しています。この治療方法は、週に1回から2週間に1回くらいのペースで行うと、肌の調子がさらに良くなっていきます。ニキビで悩んでいる方は、一度、相談すると良いです。

東京の美容皮膚科に行くならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です