おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターの仕組みと適用例について

ハロゲン化物が含有されたフィラメントは、両端に電圧をかけ電流を流すことにより、赤外線から遠赤外線の帯域の波長の電磁波を発します。

この仕組みを加熱に適用した機器が遠赤外線ヒーターであります。フィラメントは、ランプ状の電球に加工されたり棒状に加工されて加熱器具や暖房機器として製品化がなされます。これらの機器は、入力電力のうちほとんどであるおよそ85パーセントを、遠赤外線帯域の電磁波に変換することが可能なことと、電流を流せばすぐに遠赤外線が発生して、スイッチを切れば即座に放出が止まるといった制御がたやすいことが特色です。

また、遠赤外線ヒーターは室内での暖房に適した器具です。熱の伝搬方法には3つあって、対流と伝導と輻射があります。対流と伝導では、熱源の熱は直接伝搬して加熱されるのに対して、輻射では電磁波が機器から対象物に照射されそこが熱を帯びます。室内に遠赤外線ヒーターを置いた場合、天井や壁や床に電磁波が広がって部屋全体がくまなく暖まります。

一般的な局所暖房とは異なり、足元は寒いままで顔だけが熱くなることや、肌やのど乾燥する心配はありません。燃焼ではありませんので、部屋の空気を汚すこともなく、二酸化炭素の発生やにおいを気にすることもありません。特に冬場は室内の乾燥が進むため、一部の暖房機器では送風によりアレルギーのもととなる物質をまき散らすことがありますが、遠赤外線の仕組みを適用したヒーターであればそのようなことはなく、喘息やアレルギー体質も安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *