おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線放出量の多い遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターは、起動後すぐにあたたまる速暖性能の高さと持ち運び可能な利便性の良さが人気の暖房機器であり、灯油やガスを使用する暖房機器に比べて安全性能が高さも人気の要因の1つです。

遠赤外線ヒーターは、ハロゲンやニクロム線などの発熱体に電気を通すことで熱を発生させることができますが、ハロゲンやニクロム線などの発熱体はエネルギー効率が約60%~70%と高いので通電から1分以下で充分な発熱を放出する速暖性能に優れています。遠赤外線ヒーターは、2、000℃~3、000℃に達するとされる近赤外線ヒーターに比べて600℃~900℃と発熱温度が低いものの、人体への熱吸収率が高く近赤外線ヒーターよりも優れた暖房効果が期待できる非燃焼系の暖房機器です。

遠赤外線ヒーターには、眩しいほどの光が体をあたためてくれるハロゲンヒーター以外にカーボンヒーターやグラファイトヒーター、シーズヒーターなどがありますが、遠赤外線放出量は速暖性能に劣るシーズヒーターが最も多く体の芯からあたたまるとされています。シーズヒーターは、絶縁体で覆われた金属管内にコイル状に内包することでより長いニクロム線の使用を可能として遠赤外線の放出量を増大させており、ハロゲンヒーターに比べて少ない電力量で同等以上の暖房効果を得ることができる暖房機器です。また、金属管を使用しているので衝撃に強く丈夫な特徴があり、長く愛用することができる暖房機器です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *