おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターの優れた暖房効果

暖房は、エアコンや石油ファンヒーターなど温風による対流方式の暖房機器をイメージしますが、輻射方式や伝導方式があります。

遠赤外線ヒーターは、遠赤外線で人間だけでなく室内の内壁や家具まであたためる輻射方式の代表的な暖房機器であり、遠赤外線の放射量が多いほど暖房効率が高くなる非燃焼系の暖房機器です。人間の体は、1、000分の3mmとされる3μ~25μの波長の遠赤外線を暖かく感じることができ、遠赤外線が体表面近くの毛細血管内を流れる血液をあたためることで体の芯からあたためられている感覚を感じます。しかし、成人の体の約60%~65%が水で構成されていることから細胞組織を活性化させる共鳴振動が最も促進される育成光線が有効とされ、育成光線は約4μ~14μの波長とされています。

シーズヒーターは、遠赤外線ヒーターの中では最も多くの遠赤外線を放出する暖房機器ですが、あたたかくなるまでに約1分程度時間がかかってしまうことや本体自体の販売価格が高いことなどのデメリットがあります。そのため、ハロゲンヒーターの約2倍程度の遠赤外線を放出するカーボンヒーターの需要が高く、ハロゲンヒーターの上位モデルとされています。カーボンヒーターは、反応性が低く安定性の高い不活性ガスを充填した石英管内に発熱体として炭素繊維を使用している暖房機器であり、ハロゲンヒーターの半分程度の電気量で同等のあたたかさを感じることができる遠赤外線ヒーターです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *