おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターは1種類ではない

部屋中を暖めるには適してないものの、手軽に足元などを暖めたいときに便利なのが、遠赤外線ヒーターです。

しばしば電気ヒーターと一括りに呼ばれることが多いですが、熱を発する部分の素材によって何種類かに分類することができます。従来から最も広く知られた商品は、ニクロム線を用いた石英管ヒーターでしょう。石英管にニクロム線を通して発熱します。暖かさは他の素材に比べて劣り、長持ちしない傾向があるものの、手頃な価格で購入できる点がメリットです。

ハロゲンランプと呼ばれる発熱体を採用した商品が、ハロゲンヒーターですが、遠赤外線よりも近赤外線のほうが多いため、あまり暖かさが感じられません。これらよりも暖かさを求める場合は、カーボンヒーターが良いでしょう。炭素繊維を発熱体に採用し、遠赤外線の量が多いことでハロゲンヒーターよりも暖かく、しかも電気代が節約できるのが特徴です。遠赤外線ヒーターには他にも種類があります。シーズヒーターはニクロム線を用いる点では石英管ヒーターと同様ですが、ニクロム線を絶縁体で包み金属管で覆う点で異なります。

遠赤外線の量はカーボンヒーターを上回っており暖かいものの、価格はやや高い傾向です。これらいずれの商品よりも価格が高いのが、グラファイトヒーターです。炭素のひとつグラファイト(黒鉛)を採用しており、同じ炭素であるカーボンヒーターよりも熱効率が高く遠赤外線が多いのが特徴です。遠赤外線ヒーター各種の電気代は消費電力によりますので、同じ電力でどれだけ暖かいかに注目すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *