おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターの種類と特徴

遠赤外線ヒーターは電気ストーブに分類されるヒーターです。

部屋全体の温度を高めるためのものではなく、身体の一部を直接温めることが目的です。ストーブというと、スイッチを押してから温かくなるまでの時間がかかるイメージがありますが、遠赤外線ヒーターは温かくなるまでの時間がとても短いことが特徴です。そのため、家庭内で言えば脱衣所に設置して、お風呂のときだけ使用するという利用方法があります。本体も軽いので持ち運びしやすく、必要な場所に移動させて使うことができます。

ポイントは長時間使用したとしても部屋全体の温度を上げることはできないことです。さまざまな価格帯の製品が販売されています。価格が異なる理由は発熱体の材質の違いです。遠赤外線ヒーターで使用されている発熱体の材質にはハロゲンやカーボン、グラファイトがあります。温かくなるまでの時間や耐久性に違いがあります。かつては最も安い価格帯のヒーターにはハロゲンが使用されていることが多かったのですが、ハロゲンよりも遠赤外線の放出量が多いカーボンを使用した製品との価格差がなくなってきています。

カーボンを発熱体として使用している遠赤外線ヒーターはハロゲンを使用している製品よりも暖房効果が高く、価格面でも有利と言えます。また、電気ストーブを使用する際に気になることとして電気代がありますが、カーボンヒーターはハロゲンヒーターよりも低い電力で使用することができるのでメリットが多いと言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *