おすすめの遠赤外線ヒーター

体の芯からあたたまる遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターは、文字通り放出する遠赤外線が体をあたためてくれる暖房機器であり、軽量で持ち運びが便利なメリットがあります。

遠赤外線は、皮膚表面から0.2mm程度まで浸透するとともに熱に変化され、皮膚表面付近の毛細血管の血流をあたためる効果が期待できます。あたためられた血液は、血流に乗って遠赤外線の照射部位だけでなく全身に送り届けられ、体の芯まで効果的に温められる暖房機器です。遠赤外線は、人間の細胞内の脂質燃焼効率を向上させる効果だけでなく、新陳代謝の改善や自律神経のバランスを正常に安定化する効果も期待できる非燃焼系の暖房機器とされています。

非燃焼系の暖房機器は、室内の空気を汚すことがないので換気の必要がなく、仮に電源を入れたままで就寝してしまっても一酸化中毒の心配はない暖房機器です。遠赤外線ヒーターは、一般的にハロゲンランプを使用しているハロゲンヒーターをイメージする人が多くいますが、発熱体に炭素繊維を使用しているカーボンヒーターの方がハロゲンヒーターよりも多くの赤外線を放出しているとされています。

また、セラミック内部にタングステンやモリブデンなどの高融点を発熱体とするセラミックヒーターの需要が増加しており、特にセラミックヒーターにファンを組み合わせた製品も数多く発売されています。遠赤外線ヒーターは、ハロゲンやカーボンなど発熱体の種類に加えて形状やサイズなどバリエーションが多く、屋内環境から人間が生存できない真空環境でも使用可能な用途の広さも大きな特徴です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *