おすすめの遠赤外線ヒーター

遠赤外線ヒーターの必要な電力と主な機能

冬の厳しい寒さをしのぐために暖房器具を使用するのは、家庭だけでなく会社や学校でもなされることです。

暖房器具と一言にいっても多種多様なものが販売されており、石油ヒーターやエアコン・遠赤外線ヒーターなど使用する場所や環境によって適切な製品を購入できます。この中で本体価格がお安くて、省スペースで使用できるものが遠赤外線ヒーターです。

遠赤外線ヒーターは1960年代に日本で開発された暖房器具で、それまで一般的だった石油ヒーターよりも低コストで使用できることから、一躍人気を得る暖房器具となりました。石油ヒーターの場合、必ず灯油を補給しないと暖房として使用することができず、コストが掛かるのが特徴です。ところが遠赤外線ヒーターの場合は電源コードを差し込んで電源を入れると、本体に備わっているハロゲンランプが光って周囲の空気を暖めてくれます。電気のみしか必要としません。

遠赤外線ヒーターを作動させるための電力は500w~1、000wとなっており、1日5時間連続使用をしたとすると1か月で200円前後の電気代しか掛かりません。昨今の主流機種であれば省電力モードという機能も備わっており、さらに消費電力を抑えることが可能です。この省電力モードを使えば人感センサーが働くため、ヒーターの周辺から人の気配が無くなると自動で電源をオフにしてくれます。この機能は電力を抑えるのはもちろんのこと、電源を消し忘れて外出をした際でも火災を防げる便利な機能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *