離煙パイプで楽に禁煙する

吸いたい気持ちに負けない

分煙機を用いた喫煙スペースの確保

time 2021/10/12

分煙機を用いた喫煙スペースの確保

煙草は時折人同士の摩擦を生みます。喫煙者にとって、煙草が吸えないことはストレス以外のなにものでもありません。反面、非喫煙者にとっては、仕事や食事の席での煙草の臭いや煙は不快なものでしかありません。昨今では、臭いや煙が不快だというだけではなく、受動喫煙が健康に害を及ぼすということも周知のこととなってきました。

受動喫煙を防止するための健康増進法も施行され、ガイドラインによって基準も定められています。社会全体で禁煙を良しとする傾向が高まっていると言えるでしょう。公共の場所では禁煙が社会の風潮です。しかしそれでは喫煙者が窮屈な思いをしなければなりません。

そこで喫煙スペースを作り煙草が吸える空間を作る分煙という方法が考えられました。喫煙者と非喫煙者双方が快適な空間を、摩擦なく満たすことが分煙の狙いです。もっとも理想的な分煙対策は、喫煙室を作ることでしょう。ただし単純に個室を作るだけでは煙や臭いが喫煙室にこもってしまうので、換気設備が必要になります。

そこで使われるのが、分煙機と換気扇です。分煙機は煙草の粉じんを効果的に除去します。カウンター型、テーブル型、床設置型など、様々なタイプがあります。換気扇は一酸化炭素などのガス成分を屋外に排気します。

しかし、個室を作るとなれば設備投資に多くの金額を裂かなければなりません。スペースの関係で個室を作るのが難しい場合もあるでしょう。そのようなときは、個室を作るよりは効果が落ちるものの、パーテーションで空間を区切り、分煙機と換気扇を設置する方法が良いでしょう。分煙機の中には、パーテーションと一体型になっているタイプもあります。

down

コメントする