離煙パイプで楽に禁煙する

吸いたい気持ちに負けない

分煙機は窓が無い場所での利用が可能

time 2021/11/09

分煙機は窓が無い場所での利用が可能

窓が無い場所と言うのは、喫煙を行った時の煙は換気扇などに頼るしかありませんが、最初から喫煙所として利用する時には換気機能を設けた設計が出来ますが、後から喫煙所を作りたい場合などでは空調の工事なども必要になるため、工事としては大掛かりなものになります。分煙機は喫煙者が吐き出した煙や、灰皿に煙草を置いている時に立ち上る煙など、室内の空気を浄化する機能が在り、換気扇のように外に煙を吐き出すものではなく、室内の空気を浄化させる機能が分煙機には備わっています。ビルの中でも窓がある空間は換気扇を取り付けることで喫煙所内の煙を排出させることは出来ますが、喫煙所は必ずしも窓があるわけではありませんし、高層ビルなどの場合は窓を開けることが出来ない事もあるため、このような環境の中で換気扇による煙の排出は出来ません。また、換気扇だけに頼ってしまうと、煙草の臭いが部屋の中にこびり付くと言うデメリットも在ります。

分煙機の内部には特殊なフィルターが設置されていて、吸い込んだ煙に含まれている臭いの原因になるニコチンやタールなどをフィルターで除去して空気を浄化させているので、室内には換気扇などのような臭いが残り難いと言うメリットも在ります。この事からも、これから喫煙所をオフィス内に設けたい場合などでは、換気扇などの設備を導入するのではなく、分煙機を導入する事で室内の空気環境を整えてくれる効果も期待する事が出来ると言う事です。

down

コメントする