離煙パイプで楽に禁煙する

吸いたい気持ちに負けない

喫煙所内に分煙機が設置されている利点について

time 2021/11/12

喫煙所内に分煙機が設置されている利点について

オフィスの多くは分煙化が進められており、デスクでの喫煙は出来ません。煙草の煙は有害物質でもあるニコチンやタールなどが含まれていて、喫煙者が吐き出す煙と、灰皿に煙草を置いている時に立ち上る煙は非喫煙者の健康を害してしまうリスクが高い事からも禁煙が決められているケースが多く在ります。所で、このようなオフィスでも分煙化が行われている事で喫煙所での一服が出来るわけですが、オフィスビルなどの場合、喫煙所が建物の中央や窓が無い場所に設けられている場合、煙の行き所が無くなるため、喫煙所内で多くの人が一度に煙草を吸えば室内はたちまち煙で充満してしまい、健康を害するリスクを受けてしまう事になります。分煙機は喫煙者が吐き出した煙や灰皿に置いてある時に立ち上る煙を吸引して空気を浄化する機能が在ります。

壁に取り付けて利用する分煙機も有れば、天井に設置するタイプ、カウンタータイプなど、ニーズに合わせた分煙機を選ぶ事が出来るようになっており、分煙機が喫煙所に取り付けられていたり、設置されている事で喫煙所内の空気を常にクリーンな状態に保つ事が出来るようになります。喫煙者が吐き出す煙は副流煙と呼ばれるもので、ニコチンなどが多く含まれているので、受動喫煙をする事になるわけですが、喫煙所内も他の喫煙者が吐き出す煙により受動喫煙のリスクが生じる事になります。しかし、分煙機が設置されている事で室内の空気を浄化してくれるため、受動喫煙のリスクを引き下げることが出来ると言う事です。

down

コメントする