離煙パイプで楽に禁煙する

吸いたい気持ちに負けない

分煙機を設置して環境を

time 2021/11/18

分煙機を設置して環境を

現在では喫煙と非喫煙をきちんと分けている会社や事業所が多くなっています。煙草により健康被害が大きく言われている昨今では分煙をすることが大切なこととなっています。分煙をしているところでも換気扇を回しているその近くに喫煙スペースを設けたり、また、しきりを置くなどをして喫煙スペースとしたりする所もあります。しかし、それでは煙草の煙や臭いが他の部分に行ってしまうこともあり、明確に分煙をしているとは言えません。

喫煙スペースに分煙機を設置して、煙草の煙を強制的に排除することができるものが本来の分煙となります。その分煙機を設置する場合にはその場所も大切になります。同じフロアに分煙機を設置する場合には喫煙スペースを個室にすることです。煙や臭いがそのスペースから漏れ出ないことにするのは当然なのですが、喫煙スペースでも煙などがこもらないようにすることです。

空気を取り込む吸気口や強制的に排除する排気口を設置することが重要となります。また、フロアに応じて喫煙と非喫煙を分ける場合には煙は上へとあがっていくことで、喫煙フロアは上の階に設置することです。そこに設置される分煙機にはいろいろなタイプがあります。テーブルやカウンターのようなもの、壁型のもの、天井に埋め込むもの、床置きをしておくようなものなど、種類も多くあります。

設置する場所や喫煙する人の人数などにより選ぶことができます。全員が快適に過ごせる環境作りが求められています。

down

コメントする