離煙パイプで楽に禁煙する

吸いたい気持ちに負けない

離煙パイプの使い方のポイント

time 2021/12/18

離煙パイプの使い方のポイント

離煙パイプは新しく販売されたものではなく、すでに10年ほどの歴史があります。日本だけでなくアメリカや中国など海外でも注目されており、新しい禁煙方法として注目度が高いです。離煙パイプが使いやすいのは、新しく専用のタバコを購入する必要がない点が理由となっています。自分が普段吸っているタバコにパイプをセットするものであり、吸っている感覚を残しつつ、徐々にニコチン依存から脱却をすることが可能です。

パイプは31本で一つのセットとなっています。1番から毎日順番をずらしながら使用していきますが、それぞれのパイプは3%ずつニコチンが減るようになっており、最後である31番目にはニコチンが95%カットされる仕組みです。各パイプにはミクロの穴が開いているのですが、この穴によりタバコの主流煙と空気を同時に吸い込むことが可能になるので、知らない間にニコチン摂取量を減らすことができます。離煙パイプの使い方はとても簡単であり、順番をずらして使用します。

番号順に31番まで使用していきますが、1本のパイプでタバコを何本も吸うことが可能であり、使い捨てではありません。また2週目に入った場合、歩きながらタバコを吸わない、3週目では食後30分以内に喫煙しないなどの制限があります。ですがこれらは徐々に行っていくので強制的ではなく、ストレスを感じることは少ないです。最終週になると朝起きて1時間はタバコは吸わないというルールが課せられます。

その時にはすでにニコチンの量が減っているので、そのルールも苦痛ではありません。

down

コメントする