Group of happy business people clapping their hands

ハイレゾの世界にいち早く取り組んだONKYO

ハイレゾの楽曲が最近ではかなり出回っており、若い方々の間でもかなり浸透しています。現在ではハイレゾを取り扱っている企業は数多くありますが、その先駆けとなったのは他でもないONKYOです。

どの分野でも同じことが言え、何か新しいことを始める際には必ずと言っていい程障害が待ち構えています。今でこそハイレゾはとても質が高いものとして認識されている傾向があり、その価値を見いだしている方が利用しています。これも出始めの時は、いかに利用者を確保するかということでかなり苦労がありました。

音楽を利用する立場からは、実にさまざまな意見が出ます。音質がかなりよい状況で、質の高い音楽を聴きたいという要望もあります。また、その反対の意見を持っているリスナーもかなり多くいます。ハイレゾが出始めた当時、表面的に多くいると思われていたリスナーは手軽に音楽を聴きたいという要望を持っている方でした。そうすると、ONKYOがハイレゾを浸透させようと努力をしているにも関わらず、市場はその逆の立場となる方が多くいるという現状を突きつけられました。

しかし、ONKYOはそこで簡単には諦めませんでした。さまざまな努力や工夫を凝らしながらハイレゾを広めていったおかげで、現在のように高音質を求めるリスナーを多く作り出すことに成功しています。ハイレゾ楽曲を直販するインターネットサイトもONKYOは立ち上げており、利益の拡大にも貢献しています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *